English
  • HOME
  • > メンバー紹介・スタッフ

メンバー紹介

スタッフ

センター長:釜井 俊孝
地すべりダイナミクス研究領域
教 授:釜井 俊孝 E-mail:kamai.toshitaka.3z@kyoto-u.ac.jp または、kamai@landslide.dpri.kyoto-u.ac.jp

 学部(地球科学)卒業後、民間調査会社、国立研(地質調査所)、私立大学(日本大学理工学部土木工学科)を経て、2000年に防災研にやって来ました。経歴から分かるように、企業、国、大学と渡り歩きながら、「地すべり」という複雑な現象を理学(地質学)と工学(地盤工学)の二つの視点に立って解き明かす作業を続けてきました。「地すべり現象」の本質であるメカニズム、特に破壊の伝播現象について研究するには、そうした学際的な視点が必要だからです。
 しかし、1995年の阪神淡路大震災以降は、思う所あって、地震時における都市域の斜面災害、特に造成地の谷埋め盛土における地すべりについて研究を行っています。造成地の地すべりは、我が国が近代国家に変貌してゆく過程で行われた過去の人工地形改変の産物です。こうした人為的な環境変化は、過去にもしばしば災害を引き起こしました。いわば、それこそが災害の本質であるとも言えます。そこで、最近では、従来の科学技術に加えて、「地すべり」全体を歴史・考古学も含めた人文学的視点から見ることもはじめています。
 一方、防災・減災の視点からより良い未来を構築するには、どの様な住み方が適しているのかについて、具体的に提案する必要があります。そこで、2011年東日本大震災以降は、複数の建築家グループと共同で、理想的な斜面居住や都市計画について研究をはじめました。


准教授:王 功輝 (Gonghui WANG)HOME PAGE E-mail:wanggh@landslide.dpri.kyoto-u.ac.jp

 日本に留学する前、中国・蘭州大学修士課程学生および助手,講師(力学系・固体力学,地質系・応用地質学)としてレス(黄土)斜面の土砂流出ダイナミクス、黄河上流の水力発電所ダムサイトの岩盤クリープ挙動、ビル群の基礎杭の支持力などについて研究を行っていました。平成9年4月に京都大学理学研究科の博士課程に文部省国費留学生として入学し、地震時地すべり再現試験機と斜面土層模型などを用いた流動性崩壊のメカニズムに関する研究を行い、平成12年3月京都大学博士(理学)を授与されました。その後京都大学防災研究所のCOE研究員と日本学術振興会外国人特別研究員として地すべりの発生・運動機構,地震・豪雨時発生する地すべりのメカニズム,高速地すべりの運動予測などについて研究に携わってきました。そして平成15年11月、京都大学防災研究所助手に着任しました。
 現在の主な研究としては室内実験(リングせん断試験機,斜面土層模型実験など)と現地調査(斜面変動の計測,表面波探査,微動アレー調査,斜面地震動計測)および理論解析(連続体力学,粒状体力学など)を通じて,「高速・長距離運動地すべりの発生・運動機構」「土質試験の結果を用いた地すべり運動予測」「過剰間隙水圧の発生・維持と土砂の流動」 「地震時の高速長距離運動地すべりのメカニズム」「流動化構造の形成と高速地すべりの運動機構の解明」「大規模再活動型地すべりの危険度評価と被害軽減化対策」「天然ダムの決壊危険度及び緊急対策」「降雨・大気圧の変動と斜面変動の関係」等に焦点をあてて行っています。
 主な学会活動は、国内では(社)日本地すべり学会,日本自然災害学会,(社)地盤工学会、海外ではアメリカ土木学会(ASCE)などに所属し、国際学術誌「Landslides」(ドイツSpringer-Verlag社が印刷・配本)のエディターと中国応用地質学会誌「Chinese Engineering Geology」の海外招へいエディターなどを務めています。


助 教: 土井 一生  専攻向け紹介文 E-mail:doi.issei.5e at kyoto-u.ac.jp

これまで地震をターゲットに、地震波形データを用いて地殻の構造のイメージングや大地震の前震の発生パターンに関する研究をおこなってきました。地すべり現象の防災・減災のために、大地震時の斜面における強震動とそれに対する応答、斜面における破壊の発生・伝播について理解することが必要であると考えています。こうした問題に対して、地震学の観点も取り入れ、理論・観測・解析といったアプローチを通じて取り組みたいと考えています。

地すべり計測研究領域
非常勤講師
  • 林 宏一(応用地質USA、Geometrics)
事務職員
  • 中辻 久美子(斜面災害研究センター事務補佐) E-mail: nakatsuji.kumiko.7n@kyoto-u.ac.jp (@ を @ に変えてください)