English
  • HOME
  • > メンバー紹介・スタッフ

メンバー紹介

スタッフ

センター長:王 功輝
地すべりダイナミクス研究領域
教 授:王 功輝 (Gonghui WANG)HOME PAGE E-mail:wanggh@landslide.dpri.kyoto-u.ac.jp

 日本に留学する前、中国・蘭州大学修士課程学生および助手,講師(力学系・固体力学,地質系・応用地質学)としてレス(黄土)斜面の土砂流出ダイナミクス、黄河上流の水力発電所ダムサイトの岩盤クリープ挙動、ビル群の基礎杭の支持力などについて研究を行っていました。平成9年4月に京都大学理学研究科の博士課程に文部省国費留学生として入学し、地震時地すべり再現試験機と斜面土層模型などを用いた流動性崩壊のメカニズムに関する研究を行い、平成12年3月京都大学博士(理学)を授与されました。その後京都大学防災研究所のCOE研究員と日本学術振興会外国人特別研究員として地すべりの発生・運動機構,地震・豪雨時発生する地すべりのメカニズム,高速地すべりの運動予測などについて研究に携わってきました。そして平成15年11月、京都大学防災研究所助手に着任しました。
 現在の主な研究としては室内実験(リングせん断試験機,斜面土層模型実験など)と現地調査(斜面変動の計測,表面波探査,微動アレー調査,斜面地震動計測)および理論解析(連続体力学,粒状体力学など)を通じて,「高速・長距離運動地すべりの発生・運動機構」「土質試験の結果を用いた地すべり運動予測」「過剰間隙水圧の発生・維持と土砂の流動」 「地震時の高速長距離運動地すべりのメカニズム」「流動化構造の形成と高速地すべりの運動機構の解明」「大規模再活動型地すべりの危険度評価と被害軽減化対策」「天然ダムの決壊危険度及び緊急対策」「降雨・大気圧の変動と斜面変動の関係」等に焦点をあてて行っています。
 主な学会活動は、国内では(社)日本地すべり学会,日本自然災害学会,(社)地盤工学会、海外ではアメリカ土木学会(ASCE)などに所属し、国際学術誌「Landslides」(ドイツSpringer-Verlag社が印刷・配本)のエディターと中国応用地質学会誌「Chinese Engineering Geology」の海外招へいエディターなどを務めています。


助 教: 土井 一生  京都大学教育研究活動データベース

地すべりや崩壊などの斜面現象と地震学の融合を目指す斜面地震学の構築を推進しています。地震時に斜面がどのように振る舞い、間隙水圧や変形がどのように応答するかは地震地すべりの発生予測やハザードの事前予測にとって重要です。また、地震学的な知見や手法を斜面現象にチューニングすることで、どのような斜面現象の新しい知見が得られるかについての研究も進めています。

地すべり計測研究領域
准教授:山崎 新太郎((付属)徳島地すべり観測所勤務)

 地すべりはどのような場所に発生するのか?ある斜面で地すべりが発生しても,その隣の似た形状の斜面では発生していないことは当然のようにあります.同じような雨が降り,同じような強震動に見舞われても斜面の挙動が異なるのは斜面内部に複雑な不均質さが存在しているからです.岩盤力学や土質力学はある斜面を均質なものとして捉え,その要素を試験し,モデル化を行うことで効果的な災害の予測を目指しますが,この斜面内部の不均質さのためにそれだけでは十分ではありません.一方で,斜面の内部が不均質で,様々な次元で多様であることあることを前提にして,得られた多様なデータや多様な物質の精密な分析を統合して地すべりの発生場と発生のメカニズムを解明していくのが地質学,特に応用地質学の視点です.私の研究室では地質学を基礎に,電子顕微鏡レベルの物性の解明から,大規模な斜面内部の不均質性や地すべり運動の不均質性を野外調査や各種物理探査や衛星測位システムを使った観測により明らかにしようとしています.
 地すべりは様々な場所で形を変えて発生します.私は日本有数の地すべり地である四国山地入り口に位置する徳島地すべり観測所を拠点にしていますが,フィールドは海底や極北グリーンランドにも広がっています.私のこれまでの研究に関してはResearchmapをご覧下さい.また,一緒に研究を進めてくれる学生諸君も募集しています.災害のメカニズムの解明により災害予測に貢献したいという希望を持つ学生諸君.そして,地形や地質が好き,岩石や鉱物が好き,ブラタモリが好き,などなどの学生諸君を歓迎します.

Researchmap.jp 
https://researchmap.jp/read0154860/

徳島地すべり観測所
http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/web_j/kyodo/kyodo_betuhyo_detail.php?sisetu_number=1-15

研究員:荒井 紀之((付属)徳島地すべり観測所勤務)

 

事務職員
  • 中辻 久美子(斜面災害研究センター事務補佐)
  • 佐原 朋子(斜面災害研究センター技術補佐)
  • 森長 公仁(斜面災害研究センター事務補佐,徳島地すべり観測所勤務)